• beautokyo201608

有楽町で50年以上の歴史が裏付ける実力派居酒屋系「町中華 宝龍」

更新日:2021年6月20日

R有楽町駅のガード下で、半世紀以上の間愛され続けてきた老舗「中国料理 宝龍」

そんなに広くない店内はカウンターとテーブルで構成されてます。

特製塩でいただく餃子や単品を頼みながら昼から呑める店ですが、

お得な定食でさくっとという人も多く

ターミナルの飲食店ならではのカオスな存在です。

基本、餃子とニラレバ炒めが美味しい店は個人的には、ほぼ間違いない中華と思っています。

本日は私はあんかけ焼きそば、妻はレバニラ炒め定食です。

あんかけ焼きそばは、かなり理想の具材・餡掛け・麺です。

具材は850円の町中華では十分な野菜と海老・マッシュルームなどです。

餡はしっかり目で醤油味が付いた餡です。

具材と餡が結構濃厚なので、それを受ける麺が重要です。

やや焦げがある細めの炒め麺ですが、具材や餡をしっかりと受け止めます。

850円でこの内容は嬉しいです。

妻のニラレバ炒め定食も相変わらず美味しいです。850円

やはり、餃子・炒飯・ニラレバ炒め・木耳と玉子炒めが美味しい街中華は

何を食べても美味しいです。

結果、あんかけ焼きそばも美味しかったです。

ごちそうさまでした‼


閲覧数:32回0件のコメント