​​参考記事・文献

​​あんかけ焼きそばの魅力を探ります

梅月あんかけ焼きそば.jpg

​​あんかけ焼きそば発祥はどこか?

こちらの記事を読むと「なるほど!」と思えますね。

"あんかけ焼きそば"は、昭和32年創業の中華料理店「梅月」が元祖

スープの表面にラードの膜をつくることで、熱々状態を長くキープする味噌ラーメンなど、気温が氷点下をはるかに下回る冬の北海道では、冷え切った体を温めるさまざまな工夫が生まれてきた。あんかけ焼きそばは、体を効率的に暖められる料理のひとつとして、北海道の小樽で誕生したと言い伝えられている。

熱々の餡をやきそばにたっぷりとかけた"あんかけ焼きそば"、小樽が発祥の地だと聞けば、確かに、「そうかなるほど」と納得の一品である”

​引用元はこちら

 こちらのサイトから引用させていただきました。延岡もあんかけ焼きそばが有名らしいです。

”パリッと焼き上げた中太麺とたっぷりスープ ゆでた麺をフライパンで焼き、独自のスープをたっぷりかけた中太麺が特徴の「延岡あんかけ焼きそば」は、ラーメンや中華店でも人気のメニューとなっています。創業40年以上の歴史をもつ専門店「珉珉(みんみん)」がその代表格です。”

​引用記事はこちら

延岡あんかけ.jpg
薬用植物

中華料理と関係の深い化学調味料。体に合わない方がいたりしますが、私は今のところ大丈夫みたいです。

興味深いサイトがあったので、要点を参考にまとめさせていただきます。

​引用記事はこちら

化学調味料とは、うま味の成分を人工的に精製した調味料のことです。

主成分は「グルタミン酸ナトリウム(MSG)」。

加工食品で使われる場合、原材料欄に「調味料(アミノ酸等)」と表示され、それ以外の目的(栄養目的)では「グルタミン酸Na」などと表記されています。

日本で初めて販売された化学調味料が「味の素」。

1908年(明治41年)、東京帝国大学理科大学の池田菊苗博士が昆布から「グルタミン酸」を発見し、それが「うま味の成分」であることを解明しました。

池田博士は、当時貧しかった国民の食生活を豊かにするために、うま味調味料を普及したいと考え、青年実業家の鈴木